SSブログ
前の5件 | -

ハセガワ 1/350スケール 「三笠」 [ホビー(スケールモデル)]

ハセガワ 1/350スケール 「三笠」


当面、作る予定はないけれど、何故か時々買っているプラモデル。

今回は、ハセガワの1/350スケールの戦艦「三笠」です。


その前に、誰もが知っているとは思いますが、Amazon等で商品を購入する場合のアドバイスをします。


私は、気になるものがあったら、とりあえずAmazonの「ほしい物リスト」に登録し、毎日、販売価格をチェックして、価格が下がる都度、コメント欄にその価格を記載します。

販売価格は増減を繰り返しているので、チェックを続けていると、販売価格の底値が分かってきます。

底値でその価格に納得したら購入するようにしています。

このくらいのプラモデルになると、定価と30%オフでは購入金額がかなり違ってきます。

プラモデル以外でもこのやり方で購入しているので、最低でも3ヶ月程度は様子を見ることになります。

(書籍等の定価販売品、数量限定品、セール品等は除く。)

待っていると、そのうち熱が醒め、すぐに買わなくて良かった、ということも多々あります。


それでは本題に。


A693DC6F-98F5-4917-B7AB-8B9F0FB563F9.jpeg


イギリスの造船所で建造され、1902年に竣工した敷島型四番艦「三笠」の1/350スケールのプラモデルです。

1904年に日露戦争が開戦すると、連合艦隊旗艦を務め、バルチック艦隊と交戦。

第一次世界大戦でも活躍し、終戦後は記念艦として保存され、現在も横須賀でその変わらぬ勇姿を留めています。


7E249193-EC17-458D-8FE2-1829FCB1F117.jpeg


大きな二本のマストと二基の煙突が特徴です。

第一次世界大戦の連合艦隊旗艦「長門」や第二次世界大戦の旗艦「大和」あたりと比べると、艦の大きさや兵装が物足りないと感じる人がいるかもしれませんが、明治時代の戦艦です。

日露戦争当時は最新鋭の戦艦でした。


「三笠」、「長門」、「大和」、歴代の連合艦隊旗艦を作って並べてみると面白いでしょうね。

nice!(21) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

カランダッシュ 「エクリドール エクラⅡ」 [筆記具(万年筆以外)]

カランダッシュ 「エクリドール エクラⅡ」


万年筆から鉛筆まで、とにかく筆記具が大好きです。

スイスの筆記具メーカー「カランダッシュ」のエクリドールというシリーズのボールペンを複数本持っています。

エクリドールの中でも上位グレードに、軸にスワロフスキーを散りばめた「エクラ」があります。

「エクラ」とは、輝き、煌めき、栄光、成功といった意味があります。


82032965_2622079551221291_9019258840008359936_n.jpg


上は私のコレクションの「エクラⅠ」です。



真鍮の軸にシルバープレート、そして計35粒のスワロフスキーが埋め込まれています。

全長128mm(収納時)、胴軸径9mm、重量26gのノック式ボールペンは比較的小柄なサイズで、男性だと少々物足りなく感じるかもしれませんが、筆記には全く支障ありません。


私の記憶が確かだと、エクラにはⅠからⅥまであります。

2005年から2010年まで、毎年、数量限定で販売されました。

今回、中古ですが、2006年発売のエクラⅡを手に入れました。


566B8A44-7F25-4D31-BB47-97D1DA7FA6AC.jpeg


エクラⅡ "Jardin de l'Hiver"(冬の庭)です。

このⅡから、冬を感じさせるサブネームが付くようになりました。


549720C6-4F48-4646-8F4F-71C857BE04F8.jpeg


未使用品という説明でしたが、全体的に擦れ傷が多く見られます。

輝きが強い分、擦れ傷も目立ちます。

少々、残念です。

それにしても、スマホで輝きが強いものを撮るのは苦労します。(笑)


DB0CF9E6-9528-4B17-A8CC-82C1BBCA4BC2.jpeg


エクラⅠと同様、仕様は真鍮の軸にシルバープレートです。

サイズも同じく、全長128mm、軸径9mmです。


651F72BF-B10A-4C07-BC06-6F4F8A6B5461.jpeg

0E98C185-6545-4FA0-AD1A-ED52BA95BB46.jpeg


花びらと蝶の羽根をイメージした彫刻には、42個のスワロフスキーが埋め込まれています。

42個のうちの5個は、ブラックのクリスタルがアクセントとして配置されています。


エクラⅠ同様、非常に美しいボールペンです。

ⅢからⅥまでのエクラも欲しくなってしまいます。

nice!(15) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

シルバーの筆記具磨き [筆記具(万年筆以外)]

「シルバーの筆記具磨き」


万年筆から鉛筆まで、とにかく筆記具が大好きです。

コレクションを久々に整理していたら、銀製の筆記具が酸化していました。


85BE6222-F058-4160-9D47-5E821F53DDBA.jpeg


ファーバー・カステルのパーフェクトペンシル(シルバープレート)です。

酸化のため、一部が茶色に変色しています。

シルバー製品用の磨き布「ハガティ」で磨きます。


F8970701-C746-4E55-8B01-08C474BD6DE2.jpeg


ハガティで優しく拭くだけで、銀製品本来の柔らかい輝きを取り戻しました。

パーフェクトな美しさです。


1310B75D-D71D-4A82-BC46-A042886D7907.jpeg


このパーフェクトペンシルのエンドキャップ(消しゴムのカバー)も変色しています。

同じようにハガティで磨きます。


B5FE4DA7-C1C6-42C2-A79C-D4B4D7ABEA4F.jpeg


あっという間に新品のように綺麗になります。

まるで手品、マジックを見ているようです。


860A1068-51ED-4E50-B8AA-630FB123CD28.jpeg


ヤード・オ・レッドのビクトリアンです。

手彫りによるビクトリア朝の優雅な装飾が特長ですが、酸化による変色のため、その魅力が半減しています。

酸化も色調やムラの具合によっては魅力的に見えたりすることもあるのですが、これは少々汚れすぎです。

これもハガティで磨きます。


1E71BB43-2C11-48E4-95FA-651F32803497.jpeg


こちらもあっという間に綺麗になりました。

やはり、ビクトリアンはこうでなければなりません。


酸化は銀製品の宿命です。

1年も経てば、また酸化皮膜に覆われてしまいます。

シルバー磨きは1年に1回行う儀式のようなものですが、綺麗になる様は見ていて楽しいものです。



nice!(15) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

内示 [仕事]

「内示」


本日、4月1日付け異動の内示がありました。

また、本社勤務です。


入社して31年目

本社での勤務は連続13年目、通算19年目です。

支店は規模縮小により、人員が減ってきており、必然的に本社勤務の確率が高くなってきています。


新しい部署での業務はまた総務関係です。

現在の事業部の総務と比べて規模が大きいようです。

少々、忙しくなるかもしれません。


入社以来、本社や支店の総務関係に従事するのはこれで14年目です。

私自身は総務関係は希望していないし、細々とした仕事が多くてあまり好きではありませんが、会社からは総務関係のスペシャリストと思われているのかもしれません。


異動まであと10日あまり

次の部署はほとんど知り合いはいません。

4人の部下は全員女性ということで、これまで一緒に仕事をしたことはありません。

神経を使いそうなのは間違いなさそうです。

いじめられないようにしなくては・・・(笑)

nice!(14) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

頻脈とハンマーブーツと私 [その他]

「頻脈とハンマーブーツと私」


趣味というか、習慣の一つに成分献血があります。

以前は2週間置きに成分献血をしていましたが、近年はヘモグロビンの値が低く、事前の血液検査で基準を満たさずに献血を断わられてしまうことがあります。

3週間置きであれば、どうにかヘモグロビンの値が回復しているようなので、最近は専ら3週間置きに成分献血をしています。


今週月曜日

3週間振りに成分献血をしようとしたのですが、医師の問診の際に行われる血圧と脈拍の検査で脈拍が101回/分を記録してしまいました。

脈拍が100回/分以下でなければ献血はできないことになっています。

たった1拍の差なのに・・・

その後、深呼吸をしたりして、何度か測り直しましたが、脈拍は上がり続ける一方です。

結局、頻脈という診断になり、その日は成分献血はできませんでした。

折角、午後から仕事を休んだというのに・・・


頻脈の原因は何となく分かっています。

それは「怒り」です。

かなり気が短いほうです。

他人の発言や行動、周囲の不快な出来事に対して、常にイライラしています。

もともと高めの脈拍がさらに高くなり、あっという間に100を超えてしまいます。


問診に向かう途中、三十代くらいの生意気そうな男性がソファにほぼ仰向け状態で寝そべり、その前を通れないほど両足を前方に投げ出していました。

その姿を見た途端、怒りに火が着きました。

普段の私だったら、その足をハンマーブーツで踏み潰して前を通るところですが、献身的な人の集まる献血センターでそんなことはできません。

怒りを抑えているうちに、心拍数が上がってしまったようです。

心拍数が高くて献血ができなかったのは、これで2回目です。

確か、前回もおそらく似たような状況だったと思います。


2日後の水曜日に再チャレンジすべく、早速その日のうちに予約を入れました。

そして、水曜日

仕事帰りに再チャレンジしました。

今日は献血センターには生意気そうな人間はいません。

善良な人ばかりのようです。

しかし、最近、私の怒りが頂点に達するような出来事がありました。

まだ、その怒りがまだ収まっていません。

献血を延期しようかとも思いましたが、仕事等の関係でしばらくは献血ができません。

気持ちを沈めるため、なるだけ無心になろうとしますが、今回も駄目だったらどうしようなど、余計な考えばかり頭に浮かんできます。

医師の問診の間、緊張が少しずつ高まるのを感じます。

今回も無理か・・・


結論から言うと、成分献血はできました。

脈拍は・・・

知っていますが言えません。

一昨日とは違う医師でした。

献血ができたということは、おそらく大丈夫だという医師の判断だったのでしょう。


今日の献血で197回に達しました。

200回まであと3回です。

当初の予定では今月中に200回を達成する予定でしたが、ヘモグロビンや脈拍の関係で献血を断られたり、帯状疱疹に罹ったりしたため、達成できませんでした。

若干延びましたが、このペースだと5月末にはどうにか200回を達成できそうです。

さあ、ラストスパートです。



nice!(17) 
共通テーマ:趣味・カルチャー
前の5件 | -